現金派かカード派か

今でしょ!の林修氏が、現金派よりもカード派の方がお金が貯まると発言し、
ネット上は賛否両論が渦巻いた。

反対派は、クレジットカードは知らないうちについつい使いすぎてしまい、負債を抱え込んでしまう危険がある
というもの。
確かに、確かに。一部の統計では、カード利用者の方が出費額が相対的に高いという結果もある

ただ、統計に振り回されてはならない。統計は、他人様のデータです。
要は自分はどうなのかです。実際に支払いをするのは自分だからです。

現金で節約できたことがなく、
カードでも節約できたことがない。
でも節約生活を願っている。
こんな人は、意識改革で節約効果を大いに体験できる可能性があります。

小銭は踏み絵である

次の写真を見ていただきたい。
およそ650円置いてある。

あなたは、今から外にぶらっと散歩に出かけるとしましょう。
途中、コンビニか、自動販売機でちょっとお茶でもできるよう、この小銭を財布に入れますか?
妄想が膨らみます。コンビニに行けば、味の濃いファーストフードも買えそうです。

この小銭をそんな理由で財布に入れる人は、現金派であろうと、カード派であろうと、・・・節約はキビシイ!
節約できる人は、この小銭を見ても、あるいは最初から財布の中に一万円あろうと、
散歩時にこの小銭を消費する妄想は持たないのです。

ここが節約の本質です。