必須のお得カードを探す

お得なクレジットカードはどれだろう。
精査したい場合は、毎年1回下記の本を読むのがベター。
立ち読みで軽く見るだけでも新発見があるでしょう。

この本の長所は各社のポイント換算率が計算済みである点です。
しかし、カードの種類と規定が複雑で読むのも時間がとられます。

クレジットカードは3枚は持とう

クレジットカードの平均所有枚数は3枚を超えている。
節約を心がける主婦が曜日によってお得なスーパーを使い分けるのと同様に
クレジットカードを使い分けることです。

配偶者がいるなら最低3枚。
単身者でも最低2枚もつ。

内訳は
ネットショップ用のカード。(普段は持ち歩かない)
夫が持つカード。(普段から持ち歩く)
妻が持つカード。(普段から持ち歩く)

 

アマゾン利用者はAmazonカードで決まり。

アマゾンの便利なところは、
1:配達がきわめて早い。
2:送料無料が多い。
3:商品レビュー数が多い。

プライム会員になると、送料無料商品が拡大する。
プライム会員になる必要を感じない場合。→プライム会員になる必要もAmazon Mastercardクラシックも不要でしょう。
プライム会員になるほうが得と感じる場合。→プライム会員になり、Amazon Mastercardクラシックも入ったほうが良い。

つまりプライム会員が、他社のカードでアマゾンの買い物をするともったいないです。
AmazonMastercardクラシックは→こちら

2018年現在、
Amazon Mastercardクラシックは、
年会費の無料条件は容易に達成でき、かつ、アマゾンでのポイント還元率は他の類を見ないレベルで得。
*上位のカードである、Amazon Mastercardゴールドは、年会費がそれなりに必要となる。​