医療保険会社

医療保険は一社に絞り込む

保険のセールスで
『ガンはこれだけの金額がかかるようになりました。この保険商品は安心です。』
というのがある。
しかし、国保なり、社会保険に入っていた場合、
保健治療費に対して1ヶ月の支払いの限度額制度が活用できるため、負担額はそれほど高くならない。
入院が長期化した場合は別だが、長期化すると、医療費のみならず、収入も減るわけで、ちょっとやそっとで安心した生活はできない。
無駄な医療保険の見直しは節約に貢献します。

医療保険に複数社入ると面倒

医療保険の手当て請求時に、診断書や医療費明細書を加入保健会社の分だけ準備(コピー)する必要がある
もし、手厚い保障を期待するなら、現在契約中の保険会社1社にしぼり、その契約中の医療保険会社の中に準備されている高い補償プランに加入した方が、疾病時に手間がない。
たいてい同じ会社の複数の医療保険プランに入っている場合、一度の請求で加入中の全てのプランに適用してくれる